HSSEトピックス (2017年1〜3月)

1. 交通安全講習会の開催

交通安全講習会を2月14日にNKBホール研修室にて、新潟県警新潟北警察署小泉交通課長様をお招きし、協力会社を含めた共備で勤務する全員を対象に40名の受講者を得て開催しました。

当社は鉄道・バスなどの公共交通機関の路線から遠く離れているため、全員が通勤に自動車を使用しています。この講習会は、交通事故防止の啓発活動として重要な役割を担っています。

講習会では、3月に施行される道交法改正の要点、北警察署管内での交通事故発生傾向や、昨今の世情を反映して高齢者にかかわる事故事例の解説などを分かりやすく講演していただきました。

1時間程度の時間ではありましたが、参加者一同、改めて安全運転の大切さを再認識できたと思います。

2. 安全の取組について〜健康管理と安全操業〜

これまでも多くの方々から「安全」に関する原稿が掲載されています。

安全操業は新潟共備にとって最も重要な継続すべき使命です。

今更、私が安全に対する意識等について語るまでもなく、既に皆さんはご承知のことと思います。

しかしながら安全の取組に終わりがなく、永遠に継続して行かなければなりません。

私が皆さんに望むことは、自身の健康管理に気を付けて病気をせず、また、身の安全に気を付けて怪我をしないよう毎日を過ごしてください。

皆さんが心身共に健康であれば、心に余裕もでき周囲への気遣いや気配りができるようになります。

一人一人の安全があって組織の安全が確保でき、会社全体の安全に繋がるものと思っています。

会社の設備も高齢化が進み、今までのような五感に頼る健全性の判断だけでなく、レントゲン等を使った内面の検査も必要になり昨年からのNIP活動で目視では見つけられなかった配管内の腐食個所を見つけることができ、大事に至る前に処置することができています。

これからも健康管理と安全操業を継続して健康で長生きをしましょう。

ページの先頭へ戻る

HSSEトピックス (2016年10〜12月)

1. 社長安全査察

10月3日、西基地の港湾道路埋設排水口付近、T−7開放タンクおよび西基地高圧トランスの査察を実施しました。

排水口査察では現在の排水の様子を、またタンク開放現場では作業員の動きや資機材の整理整頓具合を丹念に視て周られました。

最後に、「西基地排水溝出口の環境改善状況の確認では工事/作業リスク低減に向けた地道な取り組みの大切さを、また、T−7開放タンクの工事現場では整理整頓が行き届き適度に緊張感のある現場の雰囲気こそ安全確保のベースであると強く感じました。工事管理、設備管理に携わる皆様の日々の努力に感謝申し上げます」との講評があり、安全査察を終えました。

西基地排水系の確認

西基地排水系の確認

タンク開放点検の視察

タンク開放点検の視察

2. 安全の取組について〜相互指摘で安全意識を高めよう〜

私はあまり信心深くありませんが、毎日の出勤前のルーティンとして無事故無災害を願って、靴下と靴は必ず右足から履きます。

しかし、皆様もご存じの通りこのようなゲン担ぎは実際には通用しませんが安全への心構えとして毎日自分自身に言い聞かせています。

実際の安全に対する現場管理ではSEC工事担当者、関係部署並びに元請各社での日々変化する危険個所の洗い出し、気象条件の把握、夏季には熱中症等の対応で大変苦労が多い所です。

さて、継続した安全への取り組みは基本的に施行者と発注者が一体となり「相互指摘」を繰り返しながら安全への意識を高めていく事が重要と考えております。

工事部門を担当するSECとしまして、各工事担当が日々変化する施工状況を確実に把握しながら危険個所の認識を共有し、これからも継続して意識を高めて安全管理は元より施工管理、品質管理にも努めて参ります。

本年度もこれから年度の後半となり、気象条件が厳しくなる中で工事を進めていかなければなりませんが、各部門におかれましても「無事故、無災害の達成」に向けてご遠慮なく考えられる危険個所の提示を頂き、一体となって必ず達成致しましょう。

ページの先頭へ戻る

HSSEトピックス (2016年7〜9月)

1. 石油コンビナート等における自衛防災組織の技能コンテスト

今年3回目をむかえる技能コンテストに大型化学高所放水車の機関員として参加しました。約一ヶ月の練習を行い7月28日、共備構内に於いてビデオ審査による予選会に臨みました。半ば諦めていましたが予選通過の知らせを受け安堵の気持ちでした。しかし本選まで一ヶ月足らずなので練習を再開しましたが、二ヶ月間のブランクがありなかなか調子が上がらぬまま本選をむかえました。10月25日の本選は消防庁立会い審査の一回試技と言うことで全員緊張していましたが、本番前に自主的にリハーサルを行って臨んだのが良かったのか練習通りの試技が出来た様に思います。結果は吉報とは成りませんでしたが、還暦チーム(平均年齢60歳)としては良く頑張ったと思います。

最後に、今回参加するにあたり新発田消防本部、新発田消防聖籠分署、並びに各事業所の方々には、ご指導ご支援をして頂き心より感謝申し上げます。又、業務課の皆さんには、練習の度に毎回消火ポンプ等の準備をして頂き大変感謝しています。有り難うございました。

大型化学高所放水車からの放水

大型化学高所放水車からの放水

審査長へ報告

審査長へ報告

服装点検

服装点検

整列待機

整列待機

ページの先頭へ戻る

HSSEトピックス (2016年4〜6月)

1. 東基地総合防災訓練

6月28日東基地に於いて、公設消防および東地区共同防災センターとの合同による東基地総合防災訓練(陸上)を実施しました。
当日は「震度6強の地震発生により、原油タンクがスロッシングで溢流し、ルーフ上からリング火災が発生した。」との想定で訓練を開始しました。
本部長の指揮の下、訓練は緊迫した空気の中、本部隊では正門警備、公設消防の誘導、津波確認、安否確認及び関係機関への通報等、また、防災隊では発災現場に駆付け、初期消火活動の実施、共同防災センターと公設消防は、消防車両による消火活動の実施と、迅速な行動と連携ができたかを確認しました。
今回、災害対策本部に固定用業務無線機を新たに設置しましたが、無線の通話、聞取り具合がより良好になりました。
災害は、いつ、何処で発生するか解りませんが、今回の訓練で経験した事を、今後の訓練計画に反映し、更なる防災活動の充実を図って行きたいと思います。

防災隊による初期消火活動

防災隊による初期消火活動

公設、共同防の消防車両による放水開始

公設、共同防の消防車両による放水開始

2.安全の取組について

「まあ、これくらいなら良いや」「まあ、大丈夫だろう」こうした意識、思いは、誰もがついつい持ってしまうものです。事務的な業務においても、本来は確認や共有しておくべきプロセスを「まあ、何とかなる」という安易な判断で省いてしまうと、結果、関係者との合意形成が得られず、仕事が停滞し時間的、金銭的にロスが生じてしまうことがあります。
設備管理やオペレーションにおいて、この「まあ」という安易な判断、言い換えれば「仕事の近道」を選択すると、労災や設備事故に繋がるリスクが増大するのだと思います。
事務職であろうと、現場職であろうと、大切なのは「段取り(事前準備)」かと。仕事の順序や方法を十分に練って、あせらず、心構えを持って慎重に行動する。「段取り八分」という言葉がありますが、安全・効率的な作業の段取りを、職場、関係者と共に着実に行うことで、仕事の失敗、ミスは大幅に減少するものと思います。
安全審査、安全工程会議、TBM等は、全てこの「段取り」のためのツールであり、一つ一つの意義を重んじて効果的に実施しながら、ゼロ災を継続して参りましょう!

ページの先頭へ戻る

CONTENTS
重点目標
HSSEトピックス
NIP活動・小集団活動
地元新潟の紹介(社報「ゆてき」より)
その他トピックス
Copyright © 2008 Niigata Joint Oil Stockpiling co.,Ltd. ALL Rights Reserved.