HSSEトピックス (2015年10〜12月)

1. 社長安全査察

12月2日、東基地の東3号桟橋を対象にした社長安全査察を実施しました。また当日の交替勤務者と新共日勤者、SEC所員とで懇談を行いました。
現場査察では今年行われた昭和シェル石油のターミナルインスペクションのアドバイス事項等の処置状況と、不安全箇所、老朽化状況について視て回られ、安全管理の徹底、設備保全の強化について指示がありました。
懇談の場ではテロ対策のための監視強化や、業務効率化に向けた設備対応等の要望事項について意見交換がなされました。
最後に古城戸社長から「日頃の安全管理、設備保全に向けた取り組みに感謝します」と締められ、安全査察を終えました。

東3号桟橋上

東3号桟橋上

東埠頭防災資機材庫

東埠頭防災資機材庫

交替勤務者との懇談

交替勤務者との懇談

2. 大容量泡放射システム実放水訓練

10月5日から8日にかけて、東西基地にて大容量泡放射システム実放水訓練が実施されました。 訓練前から天候を気にかけていましたが、幸いこの4日間訓練日和となり、皆さんもほっとされたと思います。 今回の実放水訓練をするにあたり、机上訓練、富山の日本海石油鰍ナの訓練等により、各部署の資機材の設定、操作、無線による情報伝達等を滞りなく無事に終える事が出来ました。 この大容量資機材を万が一、使用しなければならない時の為に、これからも訓練を重ね継承して行きたいと思います。 この度、数ヶ月前から、準備された方々、実放水訓練に携わった皆様、大変お疲れ様でした。有り難うございました。

消防署の方々が見守る中での放水

消防署の方々が見守る中での放水

ページの先頭へ戻る

HSSEトピックス (2015年7〜9月)

1. 安全・安心な備蓄基地を目指して

当社は、3つの重点目標を掲げ、その一つに「安全・安定操業と環境保全の推進」があります。私達は、一昨年の労働災害事故を省み、安全審査、安全工程会議、「安全の手引き」の携行等を始めとして全員で安全管理体制の再構築に取り組んでいます。その一つの成果として、9月末で社員:595日、協力会社員:669日の労働無災害を継続しています。
2つ目の重点目標は「競争力の強化」です。昨年よりNKB変革プロジェクトに全員で取組み、コスト削減、自主保全の推進、教育の充実に全員で取組み、様々な問題を乗り越えながら、その成果は着実に実を結びつつあります。
3つ目の重点目標は「活きいきとした職場作りの推進」です。私達は、健康ウォーキングや納涼祭、健康講演会、新潟クラブ行事(梨・ぶどう狩り)、ボーリング大会、構外清掃等の全員参加型行事を通じて社員、家族、地域とのコミュニケーションを図ると共に、活力ある職場作りを推進しています。
私達は、困難な取組み、多様な活動を通じてより良い備蓄基地を目指していますが、これからもより安全で安心な備蓄基地となるよう、3つの重点目標にしっかりと取り組んで行きましょう。

2. セーフティーデイ2015

今年度も6月から9月までを重点期間として、セーフティーデイ活動に取り組んでいます。この取り組みは、新潟共備グループ全ての職場で災害ゼロを達成するために、働く一人一人が、「安全」について考える機会をつくり、実践するものです。
セーフティーデイ2015では、作業中の「相互指摘」や、作業前後の「声掛け」に重点を置き、その実践を後押しするためのゴールゼロ宣言を、職場ごとに決定しましたので紹介します。

役員並びに
環境安全部
我々は、職場の安全を確保し、事故を未然に防ぐために、当事者としてお互いに指摘する責任があるという自覚を持ち、「相互指摘」を実践します。
防災センター 我々は、不安全行動の予防に関心を持ち、相互に声掛けをします。
業務部 我々は、働く仲間の作業や行動に安全上の違和感を持った場合、声を上げます。
新共企業 我々は、始業時のミーティングで当直者全員が「安全宣言」を行い、安全意識の向上に努めます。
SEC 我々は、危険な行動・危険な状態を見逃しません。「相互指摘」で安全な職場維持に努めます。
総務部 我々は、社有車を運転する外出時に「安全運転で行ってきます!」「ご安全に!」と声を掛け合います。

【上手な相互指摘、声掛け】
目の前で不安全行動が確認されたときは、勇気をもって、その場で指摘することが必要です。また、口論とならぬよう「相手に気付かせる伝えかた」も重要になります。
起きた事実は、一つのヒヤリハット事例として監督者や上司に伝え、関係者全体で指摘を受け入れて、再発を防止する風土を育みましょう。

ページの先頭へ戻る

HSSEトピックス (2015年4〜6月)

1. 毎日、元気に帰宅するために

安全パトロールの報告で、「安全上に問題あり」ということがあります。「安全上の問題」っていったいなんなんでしょうか?
問題という言葉をギャップに言い換えてみますと、安全でありたいという目標に対して、現在の状況が安全ではない(不安全)であり、ギャップ(問題)があるということではないでしょうか。(ただここで重要なのは、不安全であっても事故が起きているわけではない、ということです。)
安全を確実なものにするためには、このギャップを全てなくすことが理想です。しかし、そのためにはコスト、時間などがかかります。私たちの前には、「安全」と「コストなど」の二律背反するハードルが立ちはだかっています。このような状況の中で私達は、できることを地道に、息長く実施していくことが、安全を確保していく上で大切だと信じています。
具体的には一例として、本年の昭シSafety Day2015で取り上げられています、作業中の「相互指摘」や作業前後における「声掛け」などが、有効だと思います。
安全からギャップのある行動や作業などを見かけたときには、その場ではっきりと声に出してそれらを指摘しましょう。その結果、安全に対する意識が相互に高まり、かつ信頼関係が醸成されていくはずです。
皆さん、どんな小さなギャップも見逃さず、誰もが安全に職場で一日を過ごし、元気に帰宅しましょう。

2. 西基地にて総合防災訓練を実施

5月20日、西基地において、「震度6強の地震でT―7タンクがスロッシングにより溢流しリング火災が発生した」との想定で、新潟市北消防署、西地区共同防災センターと合同で総合防災訓練を実施しました。
今回は、進行時間を細かく指定せず、訓練を進行しました。当日は強風のため、高所放水車が立塔できず、使用出来なくなるという想定外の事態となりましたが、車両本体の放水銃に切り替えるなど臨機応変な対応がされ、より実践的な訓練となりました。また、自衛消防隊の情報伝達においても、概ねスムーズに進めることが出来ました。
いざ災害に直面すると、慌ててしまいミスを犯してしまいがちですが、訓練で経験したことを反映させ、有事に対し実行力ある防災活動の充実を図って参りたいと思います。

自衛消防隊放水中

自衛消防隊放水中

放水銃による放水

放水銃による放水

公設消防に発災場所を説明

公設消防に発災場所を説明

ページの先頭へ戻る

CONTENTS
重点目標
HSSEトピックス
NIP活動・小集団活動
地元新潟の紹介(社報「ゆてき」より)
その他トピックス
Copyright © 2008 Niigata Joint Oil Stockpiling co.,Ltd. ALL Rights Reserved.