HSSEトピックス (2014年10〜12月)

1. メディア対応訓練の実施

CMP・BCP訓練の取り組みとして、当社で災害が発生した際、自衛防災組織設置下での各員の緊急対処行動と広報行動の訓練を実戦対話形式で実施しました。事故想定として、外航船揚荷作業中に海上漏油(FCC重油)が発生し、緊急防除活動過程で行われる具体的広報活動を体験していただくものでした。訓練内容としては、11月25日と26日両日に関係者による事故に関わる外部広報のメディア対応基礎知識と応用力の習得(座学)と、11月27日に海上漏油シナリオに基づいて、実地の社内外の対面訓練を行いました。(1)災害対策本部設置、参加者ロールプレイによる対面・対話形式の緊急処置活動(報告、指示、記録・周知)等の訓練(15分)、(2)公設(消防・海保)の事情聴取の対面対応(15分)、(3)電話問い合わせの対面対応(15分)、(4)来訪者(公設、プレス、周辺企業・住民)の対面対応(15分)(5)事故に関わる社代表の記者会見(30分)を含んだ総合的な対面訓練で、非常時、限られた時間と人員を有効に使い、事故処置に対処しながら、必ず求められる外部への適切な対応、報告、説明、広報を行う事が、如何に困難を伴うものか、代理、代行体験を含めて、各位が自ら考えて行動する訓練体験をしていただく、良い機会であったと思います。今後も、社員各位が、緊急時の対応能力の維持、向上が出来得る訓練を順次、企画して参ります。ご理解とご協力をお願い致します。

対策本部会議中

対策本部会議中

記者会見

記者会見

2. 西基地総合防災訓練を実施

10月16日、震度6強の地震が発生し、西基地のT―7タンクがスロッシングにより溢流し、リング火災が発生したとの想定で、西地区共同防災センターと合同で総合防災訓練を実施しました。

今回は行動内容、進行時間を細かく作り、少ない数の無線機で対応するとの内容に沿って行われました。実際にやってみると、机上で考えたシナリオには無い状況に出くわしたり、進行時間を意識して次の行動に上手く移行できなかったり、事前打ち合わせと多少違っていたりした場面もありましたが、緊張した中でもキビキビ動き、臨機応変に対応していました。

訓練と同じ様に行動をするのは本番ではなかなか難しいですが、今回経験した事、反省点を今後の訓練内容に反映させ、有事に対し実行力ある防災活動の充実を図って参りたいと思います。

放水訓練

放水訓練

手当てを受ける負傷者

手当てを受ける負傷者

ページの先頭へ戻る

HSSEトピックス (2014年7〜9月)

1. 社長安全査察実施

平成26年10月2日、社長安全査察がNo.2010開放タンク工事、及び東3号桟橋において行われました。

開放タンク現場ではタンク上部より浮き屋根改修工事とタンク外周にある資機材の保管状況、作業通路を視て回られ、昨年の労災事故を踏まえて安全対策と実行内容を工事関係者へ精力的に質問しておられました。東3号桟橋では、更新されたM3/M4クイックリリースと、設備の老朽化、腐食状況等を丹念に見て回られました。

講評では、安全意識への姿勢、設備保全の重要性を述べられ、工事・設備を担う関係者の地道な努力に感謝すると結ばれ、安全査察を終えました。

今回の査察では、昨年の労災事故発生を受けて策定した再発防止策の実施状況を中心に確認しました。

No.2010タンク浮き屋根改修工事の現場では、労災発生時と同様にデッキ板敷き並べ作業中で、転落防止ネットの設置や安全帯の使用などハード面の対応が確実に実施されており、整理整頓の行き届いた現場の様子から関係者の安全確保に向けた強い姿勢を感じました。

また、東3号桟橋では、老朽化した係留装置の更新も進められており、設備保全強化の状況を確認して査察を終えました。

工事管理、設備管理を担われる皆様の日々の地道な努力に感謝申し上げます。

東3号桟橋の査察

東3号桟橋の査察

開放タンク上部の査察

開放タンク上部の査察

安全掲示板を前に説明

安全掲示板を前に説明

ページの先頭へ戻る

HSSEトピックス (2014年4〜6月)

1. 新潟東港地区石油コンビナート防災訓練

新潟地震から50年が経った節目の6月16日、新潟県内外から51機関100名を超える防災関係者や地域関係者が集結し、新潟県主催の新潟東港地区石油コンビナート防災訓練が行われました。

訓練は、津波警報発令による避難訓練の後、陸上訓練は新潟共備東基地において、海上訓練は全農エネルギー東1号桟橋にて実施されました。

昨年9月から県・消防機関・海上保安部等と打ち合わせを行い、計画を進めてきましたが、当日の訓練では、シナリオに基づいた訓練項目が順調に進められ、訓練参加者全員がキビキビした動作でけが人収容や消火活動を実施することが出来ました。

大災害では一人の力は微々たるものかもしれませんが、これまで身に付けた技術・技能と状況に応じた的確な連携があれば、人命救助や被害の拡大が防止できると確信しています。

これまで身に付けた技術・技能と、状況に応じた的確な連携があればこそ実現出来ると考えておりますが、願わくは、訓練だけであって欲しいと切に願っております。

タンク火災の消火活動

タンク火災の消火活動

消防車到着

消防車到着

災害対策現地本部

災害対策現地本部

2. 安全への取り組みに寄せて

昨年11月の労災事故発生を受けて、当社は「安全管理体制の強化と安全文化の再構築」を2014年の重点目標の一つに据えて、無事故無災害の継続に向けた取り組みを開始しました。確かに、労災事故の発生は残念なことですが、これは我々の安全レベルを向上させる絶好のチャンスです。反省するところは真摯に反省し、卑屈にならず、これは好機だという強い思いを持って、無事故無災害の継続に取り組んで下さい。安全への取り組みでは皆さん一人一人が主役なのです。

労災事故の後、安全管理体制やシステム、諸活動の強化を図っていますが、これらの「安全管理体制や仕組み」とそれに取り組む「人」は安全を支える両輪であり、安全への取り組みの成否は人の意識や取り組む姿勢にかかっていると言っても過言ではありません。

少しでも職場での安全に関心を持ち、安全確保に向けて積極的に関与し、諸活動に取り組むことで次の世代に誇れる安全文化を築いていきましょう。

ページの先頭へ戻る

HSSEトピックス (2014年1〜3月)

1. 安全祈願祭を開催

1月24日、白山神社にて新潟石油共同備蓄安全衛生協力会主催の安全祈願祭を開催致しました。

安全祈願祭では、新潟共備会員各社参加の下、今年一年の作業上での安全を祈願して厳かに行われました。

昨年は、残念ながら労災事故が発生したこともあり、深い反省と新たな無事故無災害の強い気持ちを持って安全活動に取り組むことを誓いました。

お祓いを受ける安全衛生協力会会員

お祓いを受ける安全衛生協力会会員

ページの先頭へ戻る

CONTENTS
重点目標
HSSEトピックス
NIP活動・小集団活動
地元新潟の紹介(社報「ゆてき」より)
その他トピックス
Copyright © 2008 Niigata Joint Oil Stockpiling co.,Ltd. ALL Rights Reserved.