HSSEトピックス (2011年10〜12月)

1.安全祈願祭・消防出初式(東地区)

平成24年1月11日(水)防災センターにおいて、東地区共同防災協議会の安全祈願祭及び消防出初め式が、新発田消防本部 長谷川消防長をはじめ幹部職員のご臨席をいただき、厳粛且つ盛大に挙行されました。

車庫内において、宮下会長より新年のご挨拶をいただくとともに、今年も災害のない安全な年となることを祈願した後に、共同防災隊員総勢九名による消防出初式が開始されました。

隊員は寒風の中、元気に車庫を飛び出し、迅速な行動・動作で、日頃の訓練成果を披露し、消防に携わる者としての心意気を示すとともに、一年間の安全を誓い合いました。

防災課一同は、防災業務の重要性を深く認識し、精励する所存でございますので、今年もよろしくお願い申し上げます。

諏訪神社の神主による安全祈願

諏訪神社の神主による安全祈願

新発田消防本部の長谷川消防長よりご来賓の挨拶

新発田消防本部の長谷川消防長よりご来賓の挨拶

消防出初式(放水始め)

消防出初式(放水始め)

2.安全祈願祭・消防出初式(西地区)

平成24年1月12日(木)午後1時30分から東西オイルターミナル(株)新潟油槽所において、新潟東港西地区共同防災協議会の出初式が行なわれ、当社から百武部長、藤宮課長代理、渡辺が出席しました。

出初式での防災要員の消防諸般の要求に適応させることを目的とした点検礼式訓練及び災害を最小限にくいとめようとする放水姿を目の当たりにし、今年1年間の無事故・無災害の決意を新たにしました。

大型高所放水車からの放水

大型高所放水車からの放水

共同防災要員の放水

共同防災要員の放水

3.安全衛生協力会研修会

11月8日、安全衛生協力会の研修会を開催いたしました。今年はマリンローディングアーム・スイベルジョイントにおいては、日本のみならず世界のトップシェアを誇っているニイガタ・ローディング・システム株式会社(NLS)長岡工場の視察を行いました。

長岡工場では、開発・生産・据付・メンテナンスまで一貫して行っており、それぞれの生産棟を丁寧に案内していただきました。

日本に数台しかない最新大型精密加工装置が導入されていたり、緊急離脱装置のデモ機での精密な装置の動きを間近に見ることができ、100年以上の歴史で培った卓越した技術力と最新設備を駆使して、高品質の製品を生産している様子がうかがえました。

新潟共備の桟橋での荷役に活躍しているローディングアームもNLS製ですが、納入先の企業や国名は、全世界に渡っており、グローバルに信頼されている企業が、この新潟にあることに誇りにも感じました。

工場見学の後、最近は金運アップのパワースポットとして注目されている長岡の蓬平温泉の「高龍神社」を参拝。118段の石段を上がった社殿からの紅葉真っ盛りの景色を眺めながら、参加者は熱心に商売繁盛を祈願しておりました。

今回の研修会は、業務に直結して参考になることが多く、非常に興味深い視察となりました。

真剣に説明を聞く参加者達

真剣に説明を聞く参加者達

高龍神社参拝

高龍神社参拝

4.健康講演会の開催

10月13日、「メンタルヘルスと身体の健康」というタイトルで、昭和シェル石油厚生課医務室の菅原紀子氏より1時間に渡って講演をしていただきました。

身体の健康についてのお話では、血管を健全に保つことが大切であることが紹介され、日ごろの食生活や習慣について省みる人が多かったようです。また死因についてのお話では、どの年代でも自殺が上位に挙がっていることに驚かされました。このような身近で興味深い内容に、28名の参加者は熱心に耳を傾け、自分の心と身体の健康をチェックする良い機会となりました。

昭シ厚生課医務室の菅原講師

昭シ厚生課医務室の菅原講師

真剣に耳を傾ける参加者達

真剣に耳を傾ける参加者達

ページの先頭へ戻る

HSSEトピックス (2011年7〜9月)

1.社長安全査察実施

平成23年度の社長安全査察を10月6日に開催致しました。

本社と事業所の統合後、最初の社長安全査察となりましたが、今回は東基地を対象に現場査察を行うと共に、当日の交替勤務者及びSEC、新共企業の日勤者との懇談を行いました。(来年3月に西基地対象で実施予定)

現場査察では、NO.2102タンク開放工事及び東3号桟橋を中心に行い、工事の施工管理方法及び安全対策について確認がなされ、渡辺社長からは安全管理の徹底について指示がありました。

交替勤務者及び日勤者との懇談では、健康管理及び危機管理の他、日頃感じている職場の改善要望事項等について、活発に意見交換がなされました。

最後に、渡辺社長より講評を頂き、現場では整理整頓や安全管理が図られていたが、引続き点検・整備等をしっかり行い、知恵と工夫でより一層の安全安定操業の継続を図るよう要望があり、更なる努力を行うことを全員で確認し、安全査察を終了しました。

No.2102タンク内部点検

No.2102タンク内部点検

東3号桟橋点検

東3号桟橋点検

No.2102タンク安全掲示板点検

No.2102タンク安全掲示板点検

当日の交替勤務者との懇談

当日の交替勤務者との懇談

SEC、新共企業日勤者との懇談

SEC、新共企業日勤者との懇談

2.HSSE講話「災害時の備えについて」

今年は3月の東日本大震災、台風による新潟をはじめとする各地の広域水害等、天変地異や災害の多い年であります。未曾有の死傷者、被災者の方々を生み出してしまいました。災害により亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますと共に、被災された方々に謹んでお見舞い申し上げます。当社も先の地震の際、設備等で被害を受け、今も一部修復作業は続いている状況にあります。当社には、人的な被害は無く不幸中の幸いでした。これは、初期の緊急対応活動等、ひとえに、社員各位の日頃からの安全意識の高さと準備の表れだと思います。教訓としては「災害の悲惨さと日頃の備え」だと思います。今後も温暖化の影響等で、地球的規模で予測不能の異常現象、大災害が起こり得る、不透明で不安定な時代になっており、また、先の震災は国内外の衣・食・住・環境に世代を超えて長きにわたり影響を及ぼすことと思います。当社は、これまで、有事の際のハード・ソフト両面でシステムの整備と構築、社の備えと社業の継続をして参りましたが、災害時の早期の事業復旧と周辺地域への早期社会貢献、協力は今後、企業として当然の社会的責任となって行くと思います。これまでのHSSEの諸活動を活かし、社員各位が気持ちを引き締め、防災、環境保全、重大事故防止に、弛まぬ努力を払い、決して油断せず、慢心せず、不正を行わず、災害時には早期に事業修復を行い、早期に地域社会に貢献、協力する企業として、共に備え、共に歩んで参りましょう。今の世の中は「HSSEは企業の柱」であり、ないがしろにしては滅ぶ時代です。

もう一つお話ししたいのは健康管理の重要性です。協力会社の方々を含めた社員の年齢構成が比較的高く(平均年齢53歳)、生活習慣病等、予備軍の方も少なからずいらっしゃいます。かけがえのない知識、経験豊かな各位の自己健康管理、生活習慣の改善は、これから活発な企業活動を継続して行くには、不可欠であり、人材育成と共に、大切な課題であります。各位とも自覚を持って、心身の健康維持に努めて参りましょう。

3.大容量泡放射システム模擬訓練

10月4日及び6日の2日間に渡り、大容量泡放射システム模擬訓練が東基地と西基地に分かれて行われました。

1日目の東基地では、東西交替勤務者の1班と2班、2日目は西基地で、3班と4班で行なわれ、発災タンクとして取水部から最も遠いタンク(東は2008南東、西はT─4南西)を想定し、取水部・混合部・中継ポンプ部・放水砲部・ホース部等、必要な資機材を社有車5台に見立て、各部署に配備し、防災要員も配置して訓練に臨みました。

さらに、簡易無線機で、実践さながらの指示や合図を行い、各資機材の設定から放水操作までを、迅速かつ正確に行うことを目指して実施しました。

今回は、2回目の模擬訓練のこともあり、指揮、命令、報告もスムーズに行うことができました。訓練終了後の反省会でも活発な意見等が出され、参加者の防災意識も高く、充実した訓練となりました。今後も積極的に参加し、防災体制の強化を図って行きたいと思います。

統括防災要員による指示発令の様子(放水砲部)

統括防災要員による指示発令の様子(放水砲部)

泡放射システムの配置位置の確認の様子(取水部)

泡放射システムの配置位置の確認の様子(取水部)

戦術会議の様子

戦術会議の様子

4.安全講習会を開催

8月3日、NKB研修室において新潟共備社員及び安全衛生協力会会員が参加し、安全講習会を二部構成で開催いたしました。

第一部は安全衛生協力会主催の安全講習を新潟県労働衛生医学協会から源氏保健師を講師にお招きし、「熱中症に至るプロセスと対処方法」について講演していただきました。

毎年20人前後が、全国の職場で熱中症により死亡しており、さらに節電が叫ばれている今夏は、特に注意してもらいたい講演内容となりました。

健康管理や水分塩分補給だけでなく、WBGT計(熱中症指標計)などを活用し、状況に応じた作業環境の改善や作業者同士の声かけなどで、お互いの健康状態の確認なども予防対策として実行して行きたいと思いました。

第二部はHSSE年間計画に基づき、8月の電気安全月間を前に「ヒューマンエラーによる事故防止」について東北電気保安協会の伊藤講師よりビデオ上映と説明を頂きました。

勘違いやうっかりミスで事故を起こさないように、指差呼称や復唱など基本的な動作、そして作業手順書や表示板など具体的な対策を講じる事で、ヒューマンエラーを回避できると再認識できました。

熱中症もヒューマンエラーも、未然に防ぐ事が一番重要です。今後も無事故無災害に努めましょう!

真剣に聞き入る参加者達

真剣に聞き入る参加者達

東北電気保安協会の伊藤講師

東北電気保安協会の伊藤講師

新潟県労働衛生医学協会の源氏保健師

新潟県労働衛生医学協会の源氏保健師

5.普通救命講習会に参加して

普通救命の講習会は昨年末の予定が延び、3月予定も東北大震災の影響により、ようやく6月28日に協力会社も含め30名が受講することが出来ました。受講内容は地元新発田地域広域事務組合消防本部聖籠分署より4名の講師を迎え、心肺蘇生法とAED使用の簡単な説明受けた後、約半日(3時間)の実施訓練を行いました。リアルな全身人形を前に緊張し、訓練の中では救急車手配を忘れてしまうこともあり、訓練の大切さを実感しました。実際にはないことが望ましいことですが、万一の場合にはこの訓練を基にしっかりと対応したいと思います。

全身人形を前に確認作業を行う参加者

全身人形を前に確認作業を行う参加者

新発田広域消防からの講師陣

新発田広域消防からの講師陣

ページの先頭へ戻る

HSSEトピックス (2011年4〜6月)

1.消防基本訓練の実施

平成23年度HSSE年間活動計画に基づき、消防基本訓練を東基地構内において、4月21日と22日の2日間に渡り、社員および協力会社の皆さんの参加により実施しました。

訓練は初期消火活動として、屋外消火栓を使用した消火栓基本訓練(4名操法)と20型粉末消火器を使用した消火器取扱訓練を行いました。

当日は、防災センターの指導のもと、消防ホースの手広いめ、放水始め&放水止め、また、消火器の構造や効果的消火法など、参加者全員が連携を取合いながら、テキパキとした動作で訓練を実施することができました。

今後も防災体制の強化を意識し、協力会社の方々も含め、油断せず全員が一致団結して、発災時に備えて行きたいと考えます。

消火器操作訓練

消火器操作訓練

実放水訓練

実放水訓練

2.合同安全衛生パトロール

6月21日、東基地において新潟共備安全衛生委員、安全衛生協力会幹事会及び常駐協力会社で合同安全衛生パトロールを実施しました。開放工事中のタンク・東基地構内・管理室・東3号桟橋周辺を中心に4班に別れ、それぞれ決められた重点目標に基づきパトロールを行いました。

点検の結果、若干の指摘はありましたが、大きな問題となる事項がなかった事は、安全管理に日々努力している証です。

指摘箇所は早急に改善し、より安全な職場環境を築いていきたいと考えます。

パトロール中の委員

パトロール中の委員

3.安全大会

7月1日、全国安全週間が始まるにあたり、安全意識高揚と労働災害防止に取り組むため、東基地において新潟共備社員、安全衛生協力会会員および当日構内作業員が一同に集合し、安全大会を開催しました。

渡辺環境安全課長の安全講和の中で、精神が低下すると事故が発生しやすくなります。意識をクリアな状態にする方法として「指差し呼称」が効果的なので、実行し作業にあたっていただきたいとのお話がありました。

今年は節電対策などで、熱中症リスクが高くなろうかと思われます。まずは睡眠不足など無いよう、生活習慣を見直し、健康管理をしっかり行い、暑さに備えた体作りが大切です。

大会最後には、安全衛生協力会正木副会長の安全コール『ゼロ災でいこう!ヨシ!!』の掛け声を全員で唱和し、無事故無災害継続を誓いました。

渡辺環安課長の安全講話

渡辺環安課長の安全講話

中央テクノ正木所長の安全唱和

中央テクノ正木所長の安全唱和

4.東基地総合防災訓練(海上、陸上)

6月8日、東基地において総合防災訓練を実施しました。

当日の訓練は、「震度6強の地震によって、海上、陸上の各設備に災害が発生した。」との想定で海上災害、陸上災害別に対応訓練を実施しました。

海上訓練では、「東3号桟橋の原油配管漏洩により、海上へ原油が流出した。」との想定の下、自衛消防隊による流出油の回収、油処理剤(海水)散布等の油濁防除訓練を実施しました。陸上訓練に於いては、「原油タンクのスロッシングにより、防油堤内に原油が溢流、リング火災が発生した。」との想定の下、自衛消防隊による初期消火訓練の他、共同防災センターと公設消防による消防車両を用いた消火訓練を実施しました。

また、現場での防災活動に合わせて、関係官署、共同防災協議会加盟各社等への通報・連絡も行い、情報が正確に伝達されたことを確認しました。

海上及び陸上での訓練という事で、訓練項目も盛り沢山の内容となり、かつ、本社と事業所の統合(組織改定)後、初めての訓練でしたが、本番さながらの緊迫した空気の中、迅速かつ円滑に防災活動を行うことができました。

災害は、いつ、何処で起きるかは解りません。今回の防災訓練で経験した事を、今後の訓練計画に反映し、更なる防災活動の充実を図って行きたいと思います。

消防車両による消火訓練

消防車両による消火訓練

共備丸による油濁防除訓練

共備丸による油濁防除訓練

ページの先頭へ戻る

HSSEトピックス (2011年1〜3月)

1.安全祈願祭の開催

1月18日、白山神社にて新潟石油共同備蓄安全衛生協力会主催の安全祈願祭が開催されました。

安全祈願祭では、協力会会員各社参加の下、工事の安全や無事故・無災害を祈願して厳かに行われました。

今年も一致団結し、更なる安全への意識を高め、安全への配慮と法令順守を怠ることなく取組む決意を心に刻み、無事故・無災害を継続して行きたいと思います。

巫女の舞い

巫女の舞い

真剣に安全祈願する各社幹部社員

真剣に安全祈願する各社幹部社員

2.JOGMEC業務改善発表会

1月31日、虎ノ門ニッショーホールにて、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構主催による第7回石油・石油ガス備蓄業務改善発表会が開催され、当社も含めた17社19グループによって発表が行われました。

今回は、「消防ホース点検結果に基づく更新周期の設定」について、活動内容を紹介しました。

受賞の風景(右:長谷川美喜男氏 左:渡辺一彦氏)

受賞の風景(右:長谷川美喜男氏 左:渡辺一彦氏)

3.交通安全講習会の開催

1月25日(火)、新潟北警察署から講師として交通課の吉田課長をお招きして、「交通安全講習会」を開催しました。

今回の講習会は、交通安全意識の向上と交通事故防止を目的とし、初めに、人身交通事故の発生実態の説明、つづいて、「速度と制動距離の関係」、「停止線での目視の必要性」、「冬道での交通事故を防ぐ方策」など、交通事故の事例を交え分かりやすくご指導いただきました。

今回の講習会を通じ、参加者は通勤中の事故防止など、安全運転を行うことの重要性を再認識できたものと思います。

講演中の吉田課長

講演中の吉田課長

4.東日本大震災への支援

3月11日に東北、関東地方を襲った東日本大震災では新潟でも震度5を計測しました。幸い、当社社員、協力会社社員の方々やその家族、当社施設に大きな被害はなく、操業への影響もありませんでした。当社は、地元行政の要請に応え、新潟に避難してきた被災者の方々への義捐金の提供や物資の供給を行い、支援活動へ最大限の努力を行いました。

ページの先頭へ戻る

CONTENTS
重点目標
HSSEトピックス
NIP活動・小集団活動
地元新潟の紹介(社報「ゆてき」より)
その他トピックス
Copyright © 2008 Niigata Joint Oil Stockpiling co.,Ltd. ALL Rights Reserved.