設備概要

昭和52年の会社設立以来、私たちは、備蓄原油の品質管理、大気や水質等の環境管理、タンク開放検査等の設備管理、防災等の安全管理など、30年以上の豊富な経験と実績を受け継ぐとともに、時代に対応した迅速な行動力を身につけてきました。

さらに、当社の使命ともいえる原油の緊急放出に備え、10万DWT級のタンカーが着桟できる固定式の桟橋及び東西基地を一元管理するために、両基地の操油管理室でコンピュータによるコントロールを実施しています。

受託事業を通して、いかなる事態にも対応できる迅速で安全な荷役作業のノウハウを培っています。

項目 東基地 西基地 備考
当社設備 受託設備 当社設備
敷地面積 264,000m2 96,200m2 244,000m2 東西合計:604,200m2
原油タンク 6基:
566,167KL
4基:
401,000KL
7基:
548,393KL
 
各基地原油計

10基:967,167KL

同上

当社計
13基:1,114,560KL
受託含む
17基:1,515,560KL

 

重油タンク   2基:
46,883KL
   
スロップタンク 2基:
6,200KL
  2基:
6,200KL
 
桟橋 東3号桟橋:
102,000DWT
西3号桟橋:
6,000DWT
 
操油ポンプ 1,200m3/H×3台
1,000m3/H×1台
2,000m3/H×2台
1,500m3/H×1台
 
水消化ポンプ 750m3/H×2台
1,800m3/H×1台
850m3/H×2台
2,450m3/H×1台
 
ボイラー 2T×4基 2T×3基  
受電設備 7,500KVA 3,000KVA  

設備マップ

設備マップ

東基地

東基地

西基地

西基地

ページの先頭へ戻る

CONTENTS
設備概要
原油タンク
桟橋
コンピュータ制御システム
Copyright © 2008 Niigata Joint Oil Stockpiling co.,Ltd. ALL Rights Reserved.